マスラボの授業

小学生 算数 正五角形の描き方

今日は、正五角形の描き方についてです。

正多角形の描き方

正多角形は基本的には、辺が全て等しい多角形ですから、内角と辺の長さがわかれば描いて行くことができるんですが、今回は円を使った描き方を紹介しています。

中心角の求め方

円の角度は一周360度なので、
三角形の時は、

360÷3=120

正方形の時は、

360÷4=90

というように、中心角を元に描いて行くことができます。

では動画を見て見ましょう。

正五角形の描き方

2021年現在9万回再生されている動画です。

高評価も低評価も多い動画ですが、
多くの人がコメントで

「わかりやすかった!」
「かけるようになった!」

と書いてくれています。ありがとうございます。

これからも動画でいろんな算数・数学を配信していきたいと思います。
よろしくお願いします。