Skip to content

マスラボってどんな塾?

 

数多くある塾の中で、マスラボに興味をもっていただいてありがとうございます。

マスラボは、大阪の高槻市にある小さな個人塾です。

塾長の古山(ふるやまん)は、数学検定協会認定のプロの数学コーチャーです。

塾では、数学だけでなく、どの教科も教えています。

公立高校から国立大学の大学院卒業ですので、バランスよく学習することや効率的に学習することについては自身の経験もありますし、勉強の仕方などはたくさんアドバイスできると自負しています。

(ふるやまんの経歴はこちら)。

マスラボの特徴を他塾と比較してまとめました。

大手塾と違うところ

・カリキュラムで縛られない。

大手塾だとカリキュラムがしっかりしている反面、一度ついていけないとそこからわからなくなることがたくさんあります。特に英語や数学は積み上げの科目ですから、きちんと個別にカリキュラムを立てて、面倒見よくみていきます。

・わからないところをそのままにしない。

集合授業だと、わかったつもりになってしまって、家に帰っていざ宿題をやろうとするとあれ?どうだったっけ?と思う生徒も少なくありません。そんなときは、マスラボでは3000本を越える映像授業がありますので、すぐに復習できますし、すぐに先生に質問することが可能です。少人数なので、先生と生徒の距離、保護者と先生の距離もかなり近いと思います。

個別指導塾と違うところ

・先生の質が違います

塾長のふるやまん先生は、数学検定協会認定のプロA級数学コーチャーです。数学を解く力だけでなく、それを教える力もきちんと研修を受けて、数学検定協会から認定を受けています。つまり、教えるプロです。個別指導塾は、学生の先生が多く、学業優先ですので、時々先生が変わったり、相性が合わなかったりします。マスラボでは、ふるやまんがすべての授業を担当しますので、いつきてもプロの授業が受けることができます。

数学検定1級(数理技能検定)英検準1級を取得していますので、教科力には自信があります。また小学校受験から中学、高校、大学受験まですべて指導している経験があるので、将来の目標を見据えながら指導することができます。

・いろんなことを話せます

ふるやまんは独立する前は、大手塾で最難関クラスを担当して、多くの子を合格させてきた実績があります。また、勉強だけでなく、いろいろな部署を経験して、人脈を広げてきましたから、子供達にいろいろな話をすることができます。塾長自身もたくさんの経験をしているので、面白い話や失敗談などを話しながら授業をしています。やはり実際に経験しているという人の話に子供達は真剣になって耳を傾け、吸収していきます。

では、写真を使って、授業風景を紹介します。

授業風景の写真

IMG_1800

下の写真は日曜日の特訓教室です。小学生から高校生までが同じ教室に集まって、各自勉強していきます。熱気に包まれていていい緊張感をもって勉強できています。

小学生であっても、長時間勉強できるようになります。よく、小学生なので集中力がもつかどうか心配ですという相談を受けますが、きちんと目標設定をしてあげると、徐々に集中力が上がってきます。

そういう設定の仕方や目標の立て方を教えるのも先生の役割だなと思っています。

マスラボはまずは自分で学べるようになることを目標においています。最終的に自分で勉強できないと社会に出てから困りますからね。解答はネットで見つかるかもしれないですが、それが本当にクライアントが求めるものになるのかどうかを考えるのは自分の頭でしかありません。

正しい解=正解を求める時代から、みんなが納得する解=納得解を探す時代に確実にチェンジしています。

そのためにも、テストに出るか出ないかの勉強よりも自分できちんと腑に落ちるまで学ぶようにしてあげる方があとの伸びしろがまったく違います。時間はかかるかもしれませんが、僕はそのように生徒を育てていきたいです。

IMG_3191

マスラボの大きい特徴は、映像授業を使うということです。もちろん塾長のふるやまんが作った映像授業がメインになってきますが、例えば、人体のつくりや理科の動画はリンクだけ教えて家で見られるようにしています。これからの教育はいい動画をたくさん見せてあげる。つまり、図書館でいう司書の役割を担います。

横文字だとキュレーションというのですが、興味のあることや関心のあることに紐付けしてそこから子供達の学習意欲を高めていこうというものです。

家でもちろん視聴することもできますし、マスラボで視聴することもできます。

多くの生徒が楽しみながら、また時には、叱られながら勉強に励んでいます。

ぜひ一度マスラボの授業を体験してみてください。